Blog

ローティーン雑誌「ピチレモン」のモデルになるには〜右手愛美さんにインタビュー

夢があるのに恥ずかしくて言えない。

やってみたいのに自分に自信が持てない。

失敗が怖い。

誰もが一度は経験することです。

 

ローティーンの雑誌モデルを目指す人にはいくつかの試練があります。

当たり前ですが、オーディションに合格できるかどうか?

親の承諾を得ることができるか?

地方在住の場合はどうすればいいのか?

未成年という壁は合格後も様々な場面で立ちはだかります。

 

逆境を乗り越えてピチレモンのモデルグランプリを獲得した

右手愛美さんにインタビューしました。

 

全国のおしゃれ中学生が読んでいる!おしゃれ流行マガジンはこちらです「ピチレモン

 

 

モデルではなくアイドルになりたかった

 

右手「絶対に夢を叶える!」

 

強い意志は五感を刺激し、吸収力をアップさせます。

目標を達成する大きな原動力です。

僕も良いパフォーマンスが出来る時は大体それが大きく影響します。

ここぞと言う時の底力が違います。

自分の気持ちに嘘を付いて合格できるほど

オーディションは甘くありません。

落ちても、何度も何度も真摯に向かっていかなければならない世界です。

嘘は表情を曇らせ、声のトーンを落とし、目の輝きを失わせます。

会話が続かなかったりと

与える印象は最悪です。

 

右手さんはアイドルになる夢を諦めていませんでした。

モデルをきっかけに業界に入ろうと決意したのです。

この方向転換はモデルオーディションの合否を大きく左右したと思います。

 

 

親の反対

 

右手「モデルになりたい!」

 

当時のお話しを聞いていて感じたことは

とにかく強い気持ちを持っていること。

アイドルになりたいのではなかったか?

そんな疑問も一瞬浮かんだが、

すぐに消されてしまうほど、右手さんの表情や声のトーンからは

モデルになりたい意志が伝わりました。

 

右手「親からは反対されました。」

 

メディアの露出は予想もしないことがおこります。

見ず知らずの他人が自分の子供を傷つける可能性があります。

愛知県という遠い地も、反対の原因です。

 

当時、小学生だった右手さんは新幹線に一人で乗り

最終審査の東京へ向いました。

強い意志は親の反対に打ち勝ち、一人で会場へ向かう行動力を生んでいました。

 

 

合格できた理由

 

右手「愛知県から新幹線に乗り、一人で東京の会場に向かいました。」

 

会場では親がみんな付き添っていたそうです。

そのことから分かることは、

やる気がある、度胸がある、自立している、

ということです。

子供とはいえ、お金を生んでもらわなければなりません。

仕事仲間として接するのです。

右手さんの人間性が見えた瞬間だったのかもしれません。

 

そして、試験会場では萎縮しませんでした。

なんと、全国から来たモデル志望者たちと友達になろうと思ったのです。

思い立ったら即行動、

ライバル全員とお話しをして、写真を撮ったそうです。

これは凄いです笑

編集部からの評価は「明るくて、肝が座ってるな」という評価を得ました。

 

 

インタビューを終えて

 

基本ポジティブでした。

そして思いたったら即行動する行動力は最強の武器だと思いました。

やる気が人一倍感じられるところは、

間違いなく人の心を動かします。

右手愛美さんのプロフィールはこちらです「浅井企画

ピヨピヨレボリューション」という劇団も旗揚げしたようです!

クレイジー不完全な大人「最狂」右手愛美…。

とても、面白そうです笑

 

 

YouTubeチャンネル「ForActors

 

7月1日よりYouTubeチャンネル「ForActors」がスタート!役者になりたい人への価値ある情報番組

俳優、声優、モデル、アイドル、お笑い芸人など

現役で芸能活動を続ける「表現者」にインタビューした番組。

芸能人になりたい方やプロの技術を学びたい方のためにYouTubeで提供します。

 

「貴重な一つの意見」として参考にしてもらいたい。

そして、考えてもらいたい。

生の声から感じとって欲しい。

その表情から感じて欲しい。

そしてForActorsの価値を見出して欲しい。

現役の表現者たちは今、その業界の渦の中にいます。

その「声」はどんな文章よりも説得力があるのではないかと思います。

 

「どうしたら芸能事務所に入れるか?」

「養成所や学校は必要か?」

「オーディションで気を付けていることは?」

「業界の景気は?」などなど

業界に興味のある方はYouTubeチャンネル「ForActors」へ

 

 

ブログ

インタビュー/記事/石川裕太

役者/ナレーター/インタビュアー/語り/絵本の読み聞かせ。役者に何が出来るか?を一番の疑問に活動する。役者が他の芸事を行うとどういった表現が生まれるか?その価値を見出す。

地下アイドル、ライター、グラビアの仕事を持つ大学生「姫乃たま」をインタビュー

自ら「地下アイドル」と名乗る「姫乃たま」はどんな人?

 

インタビューをする前、僕はアイドルに対して無知でした。社会現象になっているアイドル戦国時代も興味がなく「地下アイドル」の意味さえ知らなかったのです。

これではいけないと思い姫乃たまさんをネットで検索したところ情報の多さに驚きました。地下アイドル、大学生、ライター、DJ、グラビア、司会、アダルト?など見つかる見つかる…驚いたことはTwitterのフォローとフォロワーが12000を超えていること。ツイートは22000を超えていました。セクシーな写真がアップされたり独特のユニークな文章はどれも面白く引き付けられました。アメーバブログの記事も600を超えおり仕事中心の記事は発信力があります。

姫乃たまTwitter→https://twitter.com/Himeeeno

アメーバブログ→http://ameblo.jp/love-himeno/

はてなブログ→http://himeeeno.hatenablog.com/

過激なグラビアの撮影やエロトークもできる地下アイドル。ファンが楽しんでもらうために自らアイドルライブを企画する姫乃さんは一体どんな人なのでしょうか。お会いするのが楽しみになりました。

 

姫乃たまさんのワークスタイル

 

若さのせいか怖いものなしで地下を走り続けてきた印象です。普通だったらNGを出してしまうと思います。姫乃さん曰く「持ち前の断れない性格」←優しい性格です。頼まれた仕事は断らずに続けてきた結果、様々なジャンルをこなせるようになったそうです。

YouTubeチャンネル「ForActors」ではインタビューの様子をそのまま撮影しています。一発勝負の緊張感がありますが、姫乃さんはこちらの質問の意味や意思をきちんと考えてくださり、頭の中で一瞬で整理して分かりやすく話してくださいました。読書が好きなためかライターの仕事をしているためか分かりませんが言葉で伝える技術は凄かったです←本当に助かりました!ありがとうございました!

自分勝手な考え方がなく相手のためにサービスをする優しさを持っている姫乃さんはオファーが絶えません。フリーランスでアイドル活動をする過程で得たと思われる社会経験は特別なものです。他の大学生にはないものだと感じました。一社から定期的に仕事がくる理由ではないかと思います。

 

YouTubeチャンネル「ForActors」

 

ForActorsは姫乃たまさんの「労働」に対して色々な角度から見つめます。そして解体していきます。

地下アイドルでありながらどうしてライターの仕事ができるのか?

自主企画する理由は何なのか?

フリーランスで活動するとはどういうことなのか?

僕は今回のインタビューでとても勉強になりました。役者の勉強になったのです。表現者としての考え方やSNSを使った活動、自主企画の必要性は役者にとっても大切です。役者のみならず歌手やダンサーや会社員の方々にも見ていただきたい内容となっております。

 

 

 

 

 

その他の放送はこちらで見ることができます。

ジャンルを問わない仕事ができる秘訣とは「俳優、鳴海剛」をインタビューしてみて感じたこと

俳優以外にもたくさんのジャンルでお仕事をされている鳴海剛さん。

「俳優、モデル」「俳優、映画監督」「俳優、歌手」など、俳優以外の肩書きを持った方はたくさんいます。身近にもおりますので、おそらく多いのだと思います。

しかし、俳優にプラスして「会社経営、映画プロデューサー、リングアナウンサー、司会、歌手、モデル」と肩書きがある俳優はそう多くないと思います。そして結果を出し続けています。

 

 

チャレンジ精神とサービス精神

 

「なぜ、こんなに沢山のジャンルの仕事が出来るのだろうか?」インタビューをする前に感じたことです。

多才である役者は演じるうえで大きな武器となる。そう思っていた僕は鳴海剛さんに惹かれました。

体験して感じたことは経験値となり、役作りに役立てることが出来ます。体験したことがあると無いでは演じた時の説得力が違うのです。

しかし「じゃあ、映画プロデューサーをやってみよう!」「歌手になろう!」と思っても簡単にはなれません。そもそも、どうしたらプロデューサーになれるのか?何をすれば良いのか?途方にくれます。そして険しい道だということを知るのです。

鳴海剛さんにインタビューをしていて分かったことは、険しい道だと分かっていても頼まれたら挑戦するチャレンジ精神が旺盛なところです。そして、頼まれたからには期待に答えたいというサービス精神があるからこそ、今の仕事量があるのだと思いました。

そのチャレンジ精神とサービス精神はどこで培ってきたのか。インタビューで話して頂きました。

 

 

役者で得たスキルを他の仕事で使う

 

役者は他人にならなければいけない特殊な職業です。人前でに出て自分の体と声を使って表現しなければならないスキルはなかな身に付かない特別なものです。

鳴海剛さんはそんなスキルを活かした仕事をしています。

どのように活用しているのでしょうか?

 

 

YouTubeチャンネル「ForActors」

 

YouTubeチャンネル「ForActors」では各テーマに分けて動画形式でインタビューしております。

「会社経営」「リングアナウンサー」「司会者」など、各ジャンルを5分程度にまとめて平日毎日19時にアップしています。

仕事を始めた経緯から役者で得たスキルの活用法など貴重なお話しを聞くことができます。

 


ForActors vol.53 テーマ「司会」

 


ForActors vol.54 テーマ「会社経営」

俳優、鳴海剛さんをインタビューして得た、役者として活動する方法とは「ForActors」

以下、ゴーイングホームページより鳴海剛さんの代表作です(ドラマ、映画のみ)

[TV]
ショッピング専門チャンネルQVC 商品アドバイザー レギュラー
カンゴロンゴ (カンゴロー役レギュラー) [NHK]
相棒PART2 (検事役) [ANB]
相棒PART3 (SP役) [ANB]
相棒5 元旦SP (補足隊隊長) [ANB]
仮面ライダーカブト (天童の父役) [ANB]
駅弁刑事 (北村健作役)
さくら署の女たち (6話・長谷部真彦役) [ANB]
[映画]
獅子の血脈 望月六郎監督
力道山 韓国映画 ソン・ヘソン監督
嫌われ松子の一生 中島哲也監督
容疑者室井慎次 君塚良一監督
楳図かずおの恐怖劇場 プレゼント (優子の父役) 山口雄大監督
それでもボクはやってない 周防正行監督

芸歴28年のベテラン俳優です。

 

 

俳優、鳴海剛

 

俳優、鳴海剛さんをインタビューして得た、役者として活動する方法とは「ForActors」

鳴海剛さんとは2年ほど前に、映画関係者の交流会でお会いしました。爽やかで優しい、そして強くてアツい人。鳴海剛さんに初めてお会いした時の印象です。

今回インタビューをさせていただき、常に感じたことは「プロとしての意識の高さ」です。直接言葉にしておりませんが、強烈ににじみ出ていました。この世界で生きてきた自信を感じます。

役者として活動する勇気をいただいたインタビューとなりました。

 

 

モデル出身から役者の道へ、レッスンを受けてこなかった演技

 

「人に見てもらいたい、認めてもらいたい気持ちが無いとこの世界ではやっていけないと思う」

この声こそが俳優、鳴海剛さんの精神なのだなと思いました。

演技経験がない状態でドラマの本番は怖くなかったのか?

OAで自分の演じている姿を見て「恥ずかしくてどうにもならなかった。演技のえの字もないな」と感じたそうです。これでは納得がいかない。人に認められたい気持ちが強く外に出た瞬間だと思いました。

どこかで聞いた言葉「楽しいから続けるのではなく、できる、褒めてもらえるから続けるのだ」という言葉を思い出した。

その後の鳴海さんは数々の現場で活躍し、今にいたるのだと思います。

生まれて始めての演技で無我夢中に演じたものは、納得がいきませんでした。それは褒めてもらいたい欲求に変わり、その欲求こそが演技技術を磨いていったのだと思います。

オファーをもらえる演技技術とプロの俳優としての意識の高さが次の仕事に繋がっているのだと思いました。信頼を得ているのだと思います。

 

 

バブルの影響を受けてスタートする、バブルが崩壊してからの転機

 

バブル崩壊は大きく仕事に影響したそうです。

今までのように仕事を得ることが出来ず生活が変わったそうです。

それでも負けずに努力します。

「努力をしていれば必ず見てくれる人がいる」

この考え方こそが人との繋がりををさらに増やす原動力になっているのだと思いました。そしてつながりを太くすることによって、俳優、鳴海剛という名前だけで食べていけるプロになる。

同時に結果が出ないと自分で自分の名前に泥を塗ることになります。

このプレッシャーと戦いながら技術を磨いていきました。

 

 

ForActosでは鳴海剛さんの貴重なお話しをインタビュー形式で放送しています

 

毎回テーマが変わるので、テーマに合った鳴海剛さんの考え方や経験談が聞くことができます。

「役作り」「映画」「役者業の将来」などなど、平日毎日アップされます。

ForActors Vol.45「役者のスタート」

 

 

ForActors Vol.46「子供時代」

 

インタビュー通じて役者としての勉強にもなりました。

長い長いインタビューにお答えいただき、本当にありがとうございました。

 

出演情報

サントリー・ザ・プレミアム・モルツ「超クリーミー泡サーバー絶対もらえるキャンペーン!」のスチール、ペシャルムービーに出演させて頂きました。

ありがとうございました。

普段の生活で、何気なく見ているビールのCMやポスターでしたが、現場ではたくさんの苦労がありました。

消えてしまう泡やグラスの水滴などに気を使いながらの撮影です。

色々なアイデアを見ることが出来て勉強になりました。

ビール党にはたまらない季節がやってきてました。

幸せです笑

 

YouTubeチャンネル「ForActors」が放送開始されました

YouTubeチャンネル「ForActors」が7月1日より放送開始されました。

役者を始めたいと思っている方、役者を始めたばかりの方、芝居に興味を持っている方のために作られた番組となっております。もちろん芝居が好きな方にも是非見て頂きたい番組です。平日は毎日アップロードされ、ゲストは毎月代わりで対談していきます。

 

ForActorsを見て価値を見出せるか

 

完成した本編を見ました。自分のインタビューということもあって恥ずかしい感じはしましたが、見ながら収録時のことを思い出しました。

「役者の将来はどうなっていくのか?」

「将来のために何を努力しているか?」

「将来のためにどう活動して行けば良いか?また、どう活動していきたいか?」

「役者の収入で食べていけるのか?」

「役者の世界が厳しい理由は?」

「役者の日常は?」

「役者として何を勉強しているか?」

対談でたくさんの質問に答えました。そして言葉に詰まる瞬間がありました。それは「石川裕太は役者としてどう生きて行くのか?どう生きていきたいか?」と聞かれているような気がしたからです。将来が保証されている世界ではありません。そのことをいかに考えているか、そして将来のために行動できているかが大切だと思います。将来の活動についての考えはありましたが、まだまだ行動できていない自分がいることに気付かされました。

そんな一人の役者の現状と考え方を視聴者の皆さまに届けたいと思いインタビューに答えました。そして、一つの情報として頭の片隅にでも入れて頂けたら幸いです。このForActorsを価値ある情報として使える部分がありましたら、是非活用して下さい。

 

 

 

CAMPFIRE応援プロジェクト

 

日本最大のクラウドファンティング「CAMPFIRE」でもForActorsが紹介されています。

役者になりたい人が学べる「ForActors」動画チャンネル応援プロジェクト

 

出演情報

ブルーのガチャピン&ムックがかわいいUQWiMAXでお仕事をさせて頂きました。

大変お世話になりました。ありがとうごさいました。

UQ WiMAX 

UQWiMAXを愛用している僕とって欲しくなる新商品の発売です。

役者になりたい人への価値ある情報番組「ForActors」がYouTubeチャンネルで放送

僕が役者を始めようと思ったころを思い出しました。いざ始めようと思っても、何をしたら良いのかわからず、ひたすらインターネットで「オーディション募集」「劇団員募集」「俳優養成所」などを調べていました。事務所も大小関わらず300カ所は調べた記憶があります。無限にある情報を見ていても決めることが出来ず、どうしたら役者になれるのか?演技はどこで学べば良いのか?初心者でも事務所に入れるのか?怖い世界ではないのか?など不安になることが多かったです。そして役者の知人が一人でもいればどんなに心強いかと思いました。全く知らない世界を相手に、経験者の生の声を聞くことが出来なかったのです。これ程不安で心細いことはありませんでした。あの時に生の意見が聞けたら、また世界が広がっていたのかも知れません。

 

役者にとって価値ある情報を動画で提供する

 

7月1日よりYouTubeチャンネル「ForActors」がスタート!役者になりたい人への価値ある情報番組2

そんな経験があるからこそ「ForActors」は必要だと思います。

「ForActors」では僕がナビゲーターとして様々なゲストと対談します。質問の内容は、役者を始めたいと思っている方や役者を始めたばかりの方が疑問に思うようなことを中心に質問していきたいと思います。

質問例

  • 役者を始めたきっかけは?
  • 初めて芝居を習った場所は?
  • そこを選んだ理由は?
  • 役者を始めるのに年齢は関係あるか?
  • オーディションで受かるために気を付けていることは?
  • 事務所選びのポイントは?
  • どうやって役作りをしているか?
  • 役者として毎日勉強していることは?

5分ほどの尺で週に3本程度アップされる「ForActors」ではゲストと対談形式で収録されたものを放送するため、生の声に近い情報を提供できます。皆様が疑問に思っていることが質問できるように頑張ります。そして役者に対する考え方が皆様と共有できたらと思います。

また「ForActors」では視聴者の皆様がゲストに聞いてみたい質問も受け付けております。皆様の疑問が少しでも解消できるようにナビゲートしていきたいと思います!

そして番組の終わりには「告知コーナー」も設ける予定です。使い方は様々ですが、劇団の公演に関する告知や、映画の宣伝などに使って頂けたらと思います!

詳細は以下の「CAMPFIRE」よりご紹介致します。

 

「ForActors」応援プロジェクト「CAMPFIRE」もスタート

 

7月1日よりYouTubeチャンネル「ForActors」がスタート!役者になりたい人への価値ある情報番組

日本最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」でも企画が紹介されています!

役者になりたい人が学べる「ForActors」動画チャンネル応援プロジェクト

役者にとって有意義なプロジェクトとなるよう、しっかりとナビゲートして行きたいと思います。

宜しくお願い致します。

「日本人はいつ日本が好きになったのか」を読んでわかった日本人の愛国心

アメリカ人はアメリカを愛しています。韓国人も韓国を愛しています。でも、日本人は、なんだかそうではない。自分の国を愛せなくなってる人、または自分の国をよく知らない人が増えている気がします。僕はそれが悲しくて、日本人に「日本はこんなに誇れる国だ」と分かってほしくて、だからこの本を書きました。
〜「日本人はいつ日本が好きになったのか」竹田恒泰

ここ数年で僕は日本人であることを強く意識し始めました。世界の国々から見て日本はどういう国なのか。世界の人々から見て日本人はどう見られているのか。そして日本人である僕が、日本と日本人をどこまで知っているか。考えるきっかけは東日本大震災とたくさんの邦画です。

東日本大震災では日本人の持つ思いやりが強く現れました。そして冷静に絶える日本人の強さに心を動かされました。僕も被災地へ泊まりで行きましたが、皆さんの元気な姿に驚きました。逆に励まされ、優しくされ、パワーをもらいました。優しくされたら優しくしてあげる。それこそ絆を生み出す原動力だと思いました。

邦画でも日本人の美しさに触れることが出来ます。特に1960年代の作品や小津安二郎監督の作品は大好きです。日本の古き良き時代と言いますか、多くを語らないところが好きです。繊細な気遣いが随所に見え、家族想いの登場人物はみんな美しくみえます。

僕が日本人であることを意識し始めた時、この本に出会いました。

 

日本人が日本という国をどう見ているのか

 

「日本人はいつ日本が好きになったのか」を読んでわかった日本人の愛国心

この本は最初のページから引きこまれました。受け入れたくない統計結果(震災前のもの)が書かれていたのです。「もし、戦争が起こったら国のために戦うか」「あなたは◯◯人であることにどれぐらい誇りを感じるか」この二つの質問に対して日本人の愛国心がない結果が出ていました。順位は32カ国中最低と言ってもいいです。

一方「世界に良い影響を与えている国」での統計では、世界中から最もよい評価を得ているのです。日本が人気のある国だということがわかります。

日本は世界中から良い評価を受ける人気のある国。にも拘らず肝心の日本人からは愛されていない結果でした。

 

日本を変えたGHQとWGIPとは

 

「日本人はいつ日本が好きになったのか」を読んでわかった日本人の愛国心2

日本人が愛国心を失ったのはいつからか。なぜ失ってしまったのか。本書は非常に深く掘りさげて書かれています。

GHQとは

連合国軍最高司令官総司令部(れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ、聯合国軍最高司令官総司令部、連合国最高司令官総司令部)とは、太平洋戦争大東亜戦争)の終結に際してポツダム宣言の執行のために日本において占領政策を実施した連合国軍の機関である。ただ、「連合国軍」とはいっても、その多くの職員はアメリカ合衆国軍人とアメリカの民間人、少数のイギリス軍人やオーストラリア軍人などで構成されていた。極東委員会の下に位置し、最高責任者は連合国軍最高司令官(連合国最高司令官)。日本では、総司令部 (GeneralHeadquarters) の頭字語であるGHQや進駐軍という通称が用いられた。支配ではなくポツダム宣言の執行が本来の役目である。〜Wikipediaより

WGIPとは

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムWar Guilt Information Program、略称WGIP、ウォー・ギルト・プログラムあるいはウォー・ギルト・インフォメーションとも)とは、太平洋戦争大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領管理政策の一環として行われたとされる、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画。〜Wikipediaより

戦時中の日本人の愛国心はもの凄いものだったと思います。愛国心はアメリカにとって脅威だったかも知れません。理由は特攻隊です。国のために突撃する特攻隊を目の当たりにした米兵は、その姿を見て涙を流しました。ショックからノイローゼになり、帰還させられた兵士も多かったそうです。

終戦後、アメリカはこの愛国心から生まれる精神的武装を解除しようとします。そしてGHQの取った政策は見事に成功したと言われています。その影響は70年近くたった今でも残っています。

「もし、戦争が起こったら国のために戦うか」「あなたは◯◯人であることにどれぐらい誇りを感じるか」この統計結果が物語っています。