Blog

「日本人はいつ日本が好きになったのか」を読んでわかった日本人の愛国心

アメリカ人はアメリカを愛しています。韓国人も韓国を愛しています。でも、日本人は、なんだかそうではない。自分の国を愛せなくなってる人、または自分の国をよく知らない人が増えている気がします。僕はそれが悲しくて、日本人に「日本はこんなに誇れる国だ」と分かってほしくて、だからこの本を書きました。
〜「日本人はいつ日本が好きになったのか」竹田恒泰

ここ数年で僕は日本人であることを強く意識し始めました。世界の国々から見て日本はどういう国なのか。世界の人々から見て日本人はどう見られているのか。そして日本人である僕が、日本と日本人をどこまで知っているか。考えるきっかけは東日本大震災とたくさんの邦画です。

東日本大震災では日本人の持つ思いやりが強く現れました。そして冷静に絶える日本人の強さに心を動かされました。僕も被災地へ泊まりで行きましたが、皆さんの元気な姿に驚きました。逆に励まされ、優しくされ、パワーをもらいました。優しくされたら優しくしてあげる。それこそ絆を生み出す原動力だと思いました。

邦画でも日本人の美しさに触れることが出来ます。特に1960年代の作品や小津安二郎監督の作品は大好きです。日本の古き良き時代と言いますか、多くを語らないところが好きです。繊細な気遣いが随所に見え、家族想いの登場人物はみんな美しくみえます。

僕が日本人であることを意識し始めた時、この本に出会いました。

 

日本人が日本という国をどう見ているのか

 

「日本人はいつ日本が好きになったのか」を読んでわかった日本人の愛国心

この本は最初のページから引きこまれました。受け入れたくない統計結果(震災前のもの)が書かれていたのです。「もし、戦争が起こったら国のために戦うか」「あなたは◯◯人であることにどれぐらい誇りを感じるか」この二つの質問に対して日本人の愛国心がない結果が出ていました。順位は32カ国中最低と言ってもいいです。

一方「世界に良い影響を与えている国」での統計では、世界中から最もよい評価を得ているのです。日本が人気のある国だということがわかります。

日本は世界中から良い評価を受ける人気のある国。にも拘らず肝心の日本人からは愛されていない結果でした。

 

日本を変えたGHQとWGIPとは

 

「日本人はいつ日本が好きになったのか」を読んでわかった日本人の愛国心2

日本人が愛国心を失ったのはいつからか。なぜ失ってしまったのか。本書は非常に深く掘りさげて書かれています。

GHQとは

連合国軍最高司令官総司令部(れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ、聯合国軍最高司令官総司令部、連合国最高司令官総司令部)とは、太平洋戦争大東亜戦争)の終結に際してポツダム宣言の執行のために日本において占領政策を実施した連合国軍の機関である。ただ、「連合国軍」とはいっても、その多くの職員はアメリカ合衆国軍人とアメリカの民間人、少数のイギリス軍人やオーストラリア軍人などで構成されていた。極東委員会の下に位置し、最高責任者は連合国軍最高司令官(連合国最高司令官)。日本では、総司令部 (GeneralHeadquarters) の頭字語であるGHQや進駐軍という通称が用いられた。支配ではなくポツダム宣言の執行が本来の役目である。〜Wikipediaより

WGIPとは

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムWar Guilt Information Program、略称WGIP、ウォー・ギルト・プログラムあるいはウォー・ギルト・インフォメーションとも)とは、太平洋戦争大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領管理政策の一環として行われたとされる、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画。〜Wikipediaより

戦時中の日本人の愛国心はもの凄いものだったと思います。愛国心はアメリカにとって脅威だったかも知れません。理由は特攻隊です。国のために突撃する特攻隊を目の当たりにした米兵は、その姿を見て涙を流しました。ショックからノイローゼになり、帰還させられた兵士も多かったそうです。

終戦後、アメリカはこの愛国心から生まれる精神的武装を解除しようとします。そしてGHQの取った政策は見事に成功したと言われています。その影響は70年近くたった今でも残っています。

「もし、戦争が起こったら国のために戦うか」「あなたは◯◯人であることにどれぐらい誇りを感じるか」この統計結果が物語っています。

睡眠不足で集中力が続かない人に役立つ「朝昼夕3つのことを心がければOK!あなたの人生を変える睡眠の法則」

みなさん仕事や勉強の時に眠くなった経験があると思います。ここぞ!という時に眠気に邪魔されて集中出来ない。そして、だらだらと時間だけが過ぎていく…。そんな経験が続くと嫌になります。僕もそんな経験は多くあります。

役者は限られた時間の中で台詞を暗記しなければなりません。そして、演じるときは集中力をぐっと上げてベストな状態へもっていくことが必要です。僕の場合は初めて台本を読む段階で集中力を必要とします。活字から想像して映像で見ることを大切にしているからです。可能であるならば一人の空間で視覚や聴覚による邪魔が無い方が良いです。そして、当然眠気による邪魔も。

 

どういった人にオススメか

 

睡眠不足で集中力が続かない人に役立つ「朝昼夕3つのことを心がければOK!あなたの人生を変える睡眠の法則」3

この本は眠気によって仕事や勉強を邪魔され続けている人にオススメします。ただ単純に睡眠時間を増やせば良い問題ではないことを知りました。そして解明されつつある脳と眠気の関係をわかりやすく教えてくれます。実戦することも難しくはありません。自分の体の変化に敏感になることが大切だと思います。

 

起きて8時間後にやってくる眠気と改善策

 

睡眠不足で集中力が続かない人に役立つ「朝昼夕3つのことを心がければOK!あなたの人生を変える睡眠の法則」2

朝、目を覚ましてから光を浴びた瞬間を起床の時間とします(本書はその理由も当然書かれています)。脳には眠る脳(大脳)と眠らせる脳(脳幹)があり、大脳に眠らせるシステムが強く働く時間帯が起床から8時間前後と22時間前後の2回と言われています。みなさんも、いつも眠くなる時間が決まっていて、それが8時間前後だったりしないでしょうか。僕はその通りだったので驚きました。

改善策を簡単に説明すると8時間後の眠くなる時間の前に仮眠を取ることです。仮眠と言っても布団を敷いて…という訳ではなく、座ったままで目をつぶるだけで良いのです。大切なのは視覚からの刺激をなくしてあげること。そして仮眠の時間も10〜15分がベストです。それ以上寝てしまうと夜間睡眠の脳波が出てしまうため夜の睡眠を食いつぶしてしまいます。逆に短いと睡眠負債を減らすことが出来ず効果がないそうです。

仮眠はした後はスッキリして次の作業に入ることができるので、積極的に実行しています。

 

他にも興味をそそる内容

 

睡眠不足で集中力が続かない人に役立つ「朝昼夕3つのことを心がければOK!あなたの人生を変える睡眠の法則」5

目次から興味をそそられました。特に気になった目次を本書から引用させて頂きます。

第1章
やる気になるシチュエーションとは
睡眠を司る3つのリズム
第2章
タンスのカドに足の指をぶつけたら
アメを最後までなめずに噛んだら
第3章
晴れの日も雨の日も、起床後4時間以内に外を見る
第4章
知らずに溜まる睡眠負債
脳内の目覚まし時計を使いこなす
第5章
起床から11時間後に5分間、姿勢を良くする
第6章
右脳左脳の違いより前後が大切

グラフや絵による解説が多いため、わかりやすいです。読み終えてから今日まで実戦しているものがいくつもあります。実戦しやすい内容が詰まっているのも、この本の魅力の一つだと思います。 興味のある方は是非お試しください。

新著『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』を読んで自分らしく生きよう!仕事が速い人の特徴

『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』の表紙にはとても興味をそそる言葉がたくさんあります。

「仕事が忙しくて、他のことが何もできない」そう思っているだけではありませんか?
残業しないで定時に帰る方法。
普段の習慣をほんの少し変えるだけで、あなたの人生は楽しく・充実したものになります!
仕事もプライベートも充実させている人がやっているちょっとした習慣を教えます。

会社に頼るばかりでは将来は不安になると思います。最近ではそう思うことがたくさんあります。この本は仕事を〝速く〟こなして〝早く〟なにかをするコツが書かれています。つまり普段の生活の中から時間を捻出し、将来の自分のために投資しようというものです。

 

目次

 

新著『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』を読んで自分らしく生きよう!仕事が速い人の特徴

はじめに

第一章 仕事環境編

第二章 日常生活編

第三章 考え方・姿勢編

第四章 スケジュール管理編

第五章 仕事攻略編

第六章 自己研鑽編

第七章 コミュニケーション編

おわりに

仕事の速い人と遅い人は一体何が違うのか?その比較が第七章までの中に50個書かれています。著者が実際に行ってきた習慣は説得力があり、合理的な方法ばかりで試してみたくなります。

 

特に気に入った方法

 

新著『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』を読んで自分らしく生きよう!仕事が速い人の特徴2

No.1 仕事が速い人はどんどん「もの」を捨て、仕事が遅い人は「もの」を大事にする。

ものが溢れると探す時間がかかります。この本に書かれているように、ある調査では人は一日平均10分間は探し物をしているそうです。僕は探し物に10分もかかってないと思っていましが、この本を読んでから日常を意識してみると意外に探し物をしていることに気が付きました。特に書類探しやパソコンの中のファイル、画像探しです。大切なのは自分の力で改善策を見つけることだと教えてくれます。

No.32 仕事が速い人は記憶に自信がなく、仕事が遅い人は記憶に自信がある。

僕は仕事、役作り、ブログのネタ、プライベートも含め、大切なことが突然思いつくことがあります。そしてすぐに忘れてしまいます。あとで思い出そうとしても時間だけが無駄にかかり先へは進めません。No.32はそんな些細なことを改善してくれます。それはメモを取る習慣をつけることです。メモを取りあとで読み返すことによって、さらに良い思いつきが生まれることが書かれています。

No.1からNo.50の全てに、合理的に時間を作り出す方法が書かれています。著者の絶対的な自信が伝わりポジティブに考えることができます。それは読み手が「試したい!」と思わせるほどの説得力があり、僕も試してみたいと思いました。仕事が速い人と仕事が遅い人を見分ける力も付くと思います。そして自分なりの仕事術を身につける良い切っ掛けになる一冊かもしれません。