Blog

人間は感情がないとどうなるのか、設定が斬新なバイオレンス映画「脳男」の感想

監督:瀧本智行

脚本:真辺克彦、成島出

キャスト:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉奈

製作年:2013年

製作国:日本

上演時間:125分

 

あらすじと見所

 

映画「脳男」が見せる感情表現2

並外れた身体能力と頭脳を持つ鈴木一郎。無差別連続爆破事件のアジトを突き止めた茶屋刑事が向かうと、そこには鈴木一郎の姿が。一切身元不明の鈴木一郎に精神鑑定を受けさせると驚くべき結果が出る。人間らしい感情を持たない鈴木一郎に興味を持った脳神経外科医の鷲谷は彼の過去を調べることに。連続爆弾犯の死闘と脳男の過去が描かれるバイオレンス・ミステリー。

見所は激しいアクションシーンと個性的なキャラクターです。特に脳男のキャラクターは斬新で、脳男の過去を辿るにつれて感情移入してしまいます。邦画のバイオレンス好きな方にはオススメです。

 

感情がない脳男の強み

 

映画「脳男」が見せる感情表現5

以下、ネタバレです。

感情のない設定は想像以上に引き込まれました。なぜ引き込まれたかと言うと、脳男は物事にたいして何も感じないからです。見ていて「今、この人は何を思っているのだろう」と気にして見てしまいます。この感じないことが脳男の一番の強みだと思いました。傷を負っても傷みを感じません。苦痛を感じない脳男は、トレーニングで身体能力と強靭な肉体を手に入れます。知能の高さに関しても同じようにして手に入れたのかもしれません。感情がないため多くのことを悟られずにすむ利点があります。それだけに、脳男の笑顔のない姿が悲しく見えました。

 

感情がない脳男の弱み

 

映画「脳男」が見せる感情表現4

何を考えているか分からずコミニュケーションが取れません。受け答えが出来たとしても、人間関係の距離感を縮めることは難しいです。お互いの関係を深め合うことは困難だと思いました。脳男は感情がないため、精神的なダメージと肉体的なダメージがありません。なので人を簡単に殺してしまいます。

たくさんの痛みを知ることで人は強くなるのだと思いました。傷の痛みを知っている人ほど他人を傷つけることはしません。この映画は僕にとって過激でヘビーな作品でしたが、最後のシーンで脳男が人と関わることによって成長する可能性が見れて少しホッとしました。この見方は人によって違うと思いますが。

 

ハラハラドキドキの連続、あっという間に見終わる映画「フォーン・ブース」の感想

原題:PHONE BOOTH

監督:ジョエル・シューマカー

脚本:ラリー・コーエン

キャスト:コリン・ファレル、フォレスト・ウィッテカー、ラダ・ミッチェル、ケイティ・ホームズ

製作年:2002年

製作国:アメリカ

上映時間:81分

 

あらすじと見所

 

思わず日頃のおこないを考えてしまった映画「フォーン・ブース」5

スチューは自称やり手のパブリシスト。口が達者で嘘を付くことを何とも思わないスチューは、さっそうと街を歩きながら携帯電話で次々に仕事をまとめていく。そんな時、マンハッタン、タイムズスクエアの公衆電話から突然電話が鳴る。誰からか分からないが電話に出たスチューはその瞬間から悲劇が始まる。スチューに恨みがあるという謎の男が電話だけで姿を見せずに復讐を繰り広げるサスペンス映画。

上映時間が81分と短いのですが見応えのあるサスペンス映画です。ハラハラドキドキとスピード感あふれる作品は集中力が切れる間に見終わります。主人公のスチューが電話の会話だけで追いつめられていく展開は見ていて斬新で驚きの連発です。緊張感のある心理戦が好きな方にはおすすめです。

 

日頃の行いを考えさせられる映画

 

思わず日頃のおこないを考えてしまった映画「フォーン・ブース」6

今の時代、いつ、どこで人の恨みを買うかわかりません。インターネットが普及した今は、会ったことのない人からも恨みを買う可能性があります。そんな日頃の行いを考えさせられる映画でした。自分のことばかり考えて生活していると、いつかは周囲をも巻き込む大きな罰がやってきます。「あなたは大丈夫ですか?」と聞いてくれるような作品でした。

 

正直に生きるとは

 

思わず日頃のおこないを考えてしまった映画「フォーン・ブース」7

嘘を付かず、自分に正直に生きることは勇気のいることだと思いました。心が強くなくては出来ないことだと。そう思わせてくれるラストのシーンは涙を誘います。懺悔とも言えるシーンです。真実を告白する姿を見て勇気と強さを感じました。人として大切なことを教えてくれるこの映画は、感謝の気持ちを忘れるなと言っているようにも思えます。

 

フォルクスワーゲンで家族旅行、家族の絆を取り戻す映画「リトル・ミス・サンシャイン」の感想

原題:Little Miss Sunshine

監督:ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス

脚本:マイケル・アーント

キャスト:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーブ・カレル、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン

製作年:2006年

製作国:アメリカ

上映時間:100分

 

あらすじと見所

 

映画「リトル・ミス・サンシャイン」を見て家族の絆について考えました2

美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の最終審査に通過した少女、オリーブ。決して美少女とは言えないぽっちゃり気味の彼女だが栄冠を手にするべく、歌やダンスなどの練習を一生懸命頑張ります。家庭崩壊寸前の冷めきった家族が娘のために力を合わせて会場まで連れて行くロードムービー。

家族の一人一人が個性的で感情移入してしまうこと間違いなしです。毎日顔を合わせて暮らしていかなければならない家族。一人一人が家族のことをどう思っているのか、抱えている悩み事が良く分かります。冷めきった家族が少しずつ温かさを取り戻していく感動作です。ミニシアター系でシュールな笑いをたくさん入れたコメディー映画でもあります。車好きにはたまらないフォルクスワーゲン・タイプ2が1287kmの旅に出ます。途中からボロボロになりますが。

 

登場人物の紹介

 

映画「リトル・ミス・サンシャイン」を見て家族の絆について考えました7

以下、簡単な家族構成です。少しネタバレになります。

家族の大黒柱、父親のリチャード(グレッグ・キニア)は勝ち組になることを意識し、子供にも教え込むほど負けず嫌いの男。そのために周囲の人をすぐに敵に回してしまう面倒くさい人間です。妻のシェリル(トニ・コレット)は夫との喧嘩と二人の子供に手を焼く主婦。その兄であるフランク(スティーブ・カレル)はプルーストの研究家でありゲイです。彼の教え子の恋人(男)にフられ自殺未遂を起こします。そんな経緯もあり、しばらくは妹のシェリルの家で暮らすことになります。長男のドウェイン(ポール・ダノ)は思春期の15歳。パイロットになることが夢で、夢を叶えるまでは誰とも口をきかないと誓う頑固な青年。娘のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)はコンテストのクイーンになるべく日々特訓します。リチャードの父親であるエドウィン(アラン・アーキン)は孫娘のオリーブを可愛がる一面もありますが、ヘロイン中毒者で老人ホームを追い出されるなど口の悪いやんちゃなおじいちゃん。

 

冷めきった家族をコメディーで見れる

 

映画「リトル・ミス・サンシャイン」を見て家族の絆について考えました8

物語が始まってすぐに家族関係がわかります。それぞれが自分のことだけを考えて行動していました。まとまりのないバラバラな家族です。一見、楽しそうで仲の良い家族に見えますが僕は冷めきっているように見えました。もし僕が家族の一員になっていたら、おそらく部屋に引きこもり口を聞かないと思います。なるべく関わらないような生活をしたいと思うはずです。

そんな家族を見せておきながらも、この映画はコメディーとして伝えてくれます。個々の良いところも悪いところも隠さずに出してくれます。全力で生きて行く姿は見ていて面白いです。次第に感情移入していき応援したくなります。

 

家族の絆を取り戻すためには

 

映画「リトル・ミス・サンシャイン」を見て家族の絆について考えました9

冷めきった家庭が好きな人はいないと思います。人それぞれに理想の家族像があります。この映画の家族もそれぞれの理想を求めて暮らしています。では、理想の家族とは何か。僕の理想の家族は、家族のみんなが幸せか不幸せかと聞かれたらはっきりではなくなくとも幸せだと言ってくれたら理想の家族です。家族の仲を良くしたいと思いながらもバラバラだった家族が、いつの間にかに手を取り合っていることに気付いたとき、この家族の幸せを感じることができました。子供達は自分の幸せのために、親は子供の幸せのために行動していました。最後の最後まで笑って感動できる映画です。