Blog

日本アカデミー賞、最優秀賞受賞の映画「舟を編む」で知った辞書の作り方

3月7日に第37回日本アカデミー賞授賞式が行なわれました。石井裕也監督の「舟を編む」は作品賞、監督賞、脚本賞(渡辺謙作)、主演男優賞(松田龍平)、録音賞(加藤大和)、編集賞(普嶋信一)の6部門で最優秀賞を獲得しました。他にも毎日映画コンクール日本映画大賞、報知映画賞作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞など数々の賞を受賞しています。

以下、ネタバレです。

 

辞書ができるまで

 

日本アカデミー賞、最優秀賞受賞の映画「舟を編む」で知った辞書の作り方

言葉の意味を知りたいとは誰かの考えや気持ちを正確に知りたいということです。
それは人と繋がりたいという願望ではないでしょうか。

この映画で一番心に残った台詞です。

辞書を作るにはもの凄い時間と労力を費やします。もちろん模倣は禁止です。時代とともに生まれてくる言葉や、使わなくなった言葉を入れ替えなければいけません。そして最もわかりやすい文章で書きます。なので仕事の時間以外のプライベートでも、知らない言葉や分かりやすい解説が見つかるとメモをとります。耳を澄まして周囲の会話を聞いている姿を見ると休みのない大変な仕事だなと思います。言葉の奥深さや難しさを痛感しました。出来上がった辞書はスタッフが何度も目でチェックします。辞書は完成まで15年もかかる大変なものだったのです。

毎日たくさんの言葉と向かい合い、触れ合って、大切にしている様子がわかります。言葉の真に迫ったものだけが言える台詞だと思いました。作り手の熱い気持ちが伝わる台詞です。

 

時代の流れ

 

日本アカデミー賞、最優秀賞受賞の映画「舟を編む」で知った辞書の作り方4

この映画の時代設定は1995年です。PHSが流行りだした時代になります。パソコン(Windows95)や携帯電話の復旧にともない、新しい言葉や概念がどんどん生まれました。

映画を見ていて、久々に聞く言葉たちに笑ってしまいました。

MK5、コギャル、チョベリグ、BL…

言葉に限らず、新しく生まれるものもあれば消えていくものもあります。辞書もまた新しい時代を迎えようとしていました。

 

 

監督:石井裕也

脚本:渡辺謙作

キャスト:松田龍平、宮崎あおい、オダギリギョー、黒木華、小林薫、加藤剛

製作年:2013年

製作国:日本

上映時間:133分

 

新著『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』を読んで自分らしく生きよう!仕事が速い人の特徴

『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』の表紙にはとても興味をそそる言葉がたくさんあります。

「仕事が忙しくて、他のことが何もできない」そう思っているだけではありませんか?
残業しないで定時に帰る方法。
普段の習慣をほんの少し変えるだけで、あなたの人生は楽しく・充実したものになります!
仕事もプライベートも充実させている人がやっているちょっとした習慣を教えます。

会社に頼るばかりでは将来は不安になると思います。最近ではそう思うことがたくさんあります。この本は仕事を〝速く〟こなして〝早く〟なにかをするコツが書かれています。つまり普段の生活の中から時間を捻出し、将来の自分のために投資しようというものです。

 

目次

 

新著『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』を読んで自分らしく生きよう!仕事が速い人の特徴

はじめに

第一章 仕事環境編

第二章 日常生活編

第三章 考え方・姿勢編

第四章 スケジュール管理編

第五章 仕事攻略編

第六章 自己研鑽編

第七章 コミュニケーション編

おわりに

仕事の速い人と遅い人は一体何が違うのか?その比較が第七章までの中に50個書かれています。著者が実際に行ってきた習慣は説得力があり、合理的な方法ばかりで試してみたくなります。

 

特に気に入った方法

 

新著『「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣』を読んで自分らしく生きよう!仕事が速い人の特徴2

No.1 仕事が速い人はどんどん「もの」を捨て、仕事が遅い人は「もの」を大事にする。

ものが溢れると探す時間がかかります。この本に書かれているように、ある調査では人は一日平均10分間は探し物をしているそうです。僕は探し物に10分もかかってないと思っていましが、この本を読んでから日常を意識してみると意外に探し物をしていることに気が付きました。特に書類探しやパソコンの中のファイル、画像探しです。大切なのは自分の力で改善策を見つけることだと教えてくれます。

No.32 仕事が速い人は記憶に自信がなく、仕事が遅い人は記憶に自信がある。

僕は仕事、役作り、ブログのネタ、プライベートも含め、大切なことが突然思いつくことがあります。そしてすぐに忘れてしまいます。あとで思い出そうとしても時間だけが無駄にかかり先へは進めません。No.32はそんな些細なことを改善してくれます。それはメモを取る習慣をつけることです。メモを取りあとで読み返すことによって、さらに良い思いつきが生まれることが書かれています。

No.1からNo.50の全てに、合理的に時間を作り出す方法が書かれています。著者の絶対的な自信が伝わりポジティブに考えることができます。それは読み手が「試したい!」と思わせるほどの説得力があり、僕も試してみたいと思いました。仕事が速い人と仕事が遅い人を見分ける力も付くと思います。そして自分なりの仕事術を身につける良い切っ掛けになる一冊かもしれません。

映画「許されざる者」リメイク版が骨太な理由と感想

 

江戸時代から明治へ
侍の時代が終わろうとしていた
新政府による幕府の残党狩りは執拗で、蝦夷と呼ばれた北方の未開地にまで及んだ
敗れた者は、どこまでも追い詰められる
〜李相日監督「許されざる者」

 

幕府の刺客で人斬りとして名を轟かせた釜田十兵衛(渡辺謙)は幕府崩壊後、新政府から隠れるように蝦夷の地でひっそりと暮らします。刀の必要ない生き方を教えてくれた妻に先立たれた十兵衛は幼い子供二人を育てるために賞金のかかった二人の男を殺しに行くことを決意します。二度と人は斬らないと誓った十兵衛のとった行動とは…。

 

明治初期の武士とは

 

映画「許されざる者」リメイク版が骨太な理由と感想

明治9年に廃刀令が発せられ刀の携帯が出来なくなりました。以前から帯刀は実戦で使われることが少なく、武士(士族)の身分の証しとして携帯していることが多かったそうです。なので廃刀令があってからは武士を否定することにつながり存在意義を見失いました。反発した者の中には刀を肩で担いで歩いたりしたそうです。武士の特権階級をなくし四民平等を導入して国民皆兵を実現させるためで、日本が近代戦で勝つために取った政策です。

 

物語を骨太にする北海道の地

 

映画「許されざる者」リメイク版が骨太な理由と感想3

この映画は始まって5分経たずに物語に引き込まれました。他の日本映画と比べ物にならないぐらい骨太に感じたのです。理由は蝦夷という地。明治初期はまだ開拓地で様々な問題が物語を通してわかります。先住民族のアイヌも大きく関わり、この土地で生きていくことの複雑さが見えます。大自然の美しさや過酷な寒さも作品をより一層厚みなあるものにしていると思いました。

そして、残党狩りと生死のサバイバルをくり返しながら逃げてきた十兵衛。かつて人斬りと恐れられた者が最も恐れたものとは…。人の命の重さに触れた重みのある映画です。

 

 

監督:李相日

脚本:李相日

キャスト:渡辺謙、佐藤浩市、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子

製作年:2013年

製作国:日本

上映時間:135分

 

衝撃的な結末をどう理解するか、濃厚な夫婦愛を描いた映画「さよなら渓谷」感想

監督:大森立嗣

脚本:高田亮、大森立嗣

キャスト:真木よう子、大西信満、大森南朋、鈴木杏、井浦新、新井浩文、鶴田真由

製作年:2013年

製作国:日本

上演時間: 116分

 

あらすじと見所

 

この衝撃的な結末をどう理解するか、濃厚な夫婦愛を描いた映画「さよなら渓谷」感想2

緑がきれいな静かな渓谷で幼児が殺害される事件がおきた。逮捕されたのは幼児の母親で、事件は全て解決したかと思われた。しかし、隣に住む尾崎俊介(大西信満)が その母親と不倫しており共犯の可能性があると証言される。その証言者とは俊介の妻かなこ(真木よう子)であった。はたして事件の真相は…。そして、二人の夫婦の関係はどんなものなのか。衝撃的な二人の過去が事件解決の鍵を握る。

原作は芥川賞作家の吉田修一。モスクワ映画祭・コンペティション部門で審査員特別賞受賞した作品。夫婦の愛の形を描いたドラマです。一度引き込まれたら目を離すことが出来なくなる夫婦関係で、見終わった後はかなり体力を消費させられました。深くて重いお話なので気分は明るくなりませんが、終わった後の感想が絶えない作品です。あなたはこの夫婦の愛の形に共感できるでしょうか?カップルにおすすめの映画です。

 

モスクワ国際映画祭

 

1998_keikoku

Wikipediaより

モスクワ国際映画祭(モスクワこくさいえいがさい、Moscow International Film Festival、Московский Международный Кинофестиваль)は、ロシアのモスクワで2年に1度開かれる映画祭(1959年-、1935年と2000年は例外的に実施)。国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭(Competitive feature film festival)であり、世界四大映画祭のひとつ。部門には最優秀作品賞(Golden st.George)、審査員賞、監督賞、男優賞、女優賞などの他に、国際批評家協会賞などもある。

モスクワ国際映画祭はカンヌ、ベルリン、ヴェネツィアと並ぶ世界四大映画祭です。今回「さよなら渓谷」が受賞したコンペティション部門、審査員特別賞はグランプリに次ぐ賞で、日本では羽仁進監督「手をつなぐ子等」の48年ぶりの快挙です。

 

二人の愛の形をどう受け止めるか

 

この衝撃的な結末をどう理解するか、濃厚な夫婦愛を描いた映画「さよなら渓谷」感想3

この映画の面白いと思ったところは観ているお客さんが二人の愛をどう受け止めるか人それぞれ違うのではないかと思ったことです。壮絶な過去がある二人に本当に愛はあったのか?最後の結末は愛情ある行為なのか?この二人の過去がどうあれ、僕は愛し合っていたと思います。理屈では理解できない愛です。最後の最後までお互いを理解出来なかったように感じましたが、そこが妙に人間らしく生々しかったです。この二人には普通の人が感じる愛以上の何かを感じ合っていたのかも知れません。