ジャンルを問わない仕事ができる秘訣とは「俳優、鳴海剛」をインタビューしてみて感じたこと

俳優以外にもたくさんのジャンルでお仕事をされている鳴海剛さん。

「俳優、モデル」「俳優、映画監督」「俳優、歌手」など、俳優以外の肩書きを持った方はたくさんいます。身近にもおりますので、おそらく多いのだと思います。

しかし、俳優にプラスして「会社経営、映画プロデューサー、リングアナウンサー、司会、歌手、モデル」と肩書きがある俳優はそう多くないと思います。そして結果を出し続けています。

 

 

チャレンジ精神とサービス精神

 

「なぜ、こんなに沢山のジャンルの仕事が出来るのだろうか?」インタビューをする前に感じたことです。

多才である役者は演じるうえで大きな武器となる。そう思っていた僕は鳴海剛さんに惹かれました。

体験して感じたことは経験値となり、役作りに役立てることが出来ます。体験したことがあると無いでは演じた時の説得力が違うのです。

しかし「じゃあ、映画プロデューサーをやってみよう!」「歌手になろう!」と思っても簡単にはなれません。そもそも、どうしたらプロデューサーになれるのか?何をすれば良いのか?途方にくれます。そして険しい道だということを知るのです。

鳴海剛さんにインタビューをしていて分かったことは、険しい道だと分かっていても頼まれたら挑戦するチャレンジ精神が旺盛なところです。そして、頼まれたからには期待に答えたいというサービス精神があるからこそ、今の仕事量があるのだと思いました。

そのチャレンジ精神とサービス精神はどこで培ってきたのか。インタビューで話して頂きました。

 

 

役者で得たスキルを他の仕事で使う

 

役者は他人にならなければいけない特殊な職業です。人前でに出て自分の体と声を使って表現しなければならないスキルはなかな身に付かない特別なものです。

鳴海剛さんはそんなスキルを活かした仕事をしています。

どのように活用しているのでしょうか?

 

 

YouTubeチャンネル「ForActors」

 

YouTubeチャンネル「ForActors」では各テーマに分けて動画形式でインタビューしております。

「会社経営」「リングアナウンサー」「司会者」など、各ジャンルを5分程度にまとめて平日毎日19時にアップしています。

仕事を始めた経緯から役者で得たスキルの活用法など貴重なお話しを聞くことができます。

 


ForActors vol.53 テーマ「司会」

 


ForActors vol.54 テーマ「会社経営」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top