Blog

ハラハラドキドキの連続、あっという間に見終わる映画「フォーン・ブース」の感想

原題:PHONE BOOTH

監督:ジョエル・シューマカー

脚本:ラリー・コーエン

キャスト:コリン・ファレル、フォレスト・ウィッテカー、ラダ・ミッチェル、ケイティ・ホームズ

製作年:2002年

製作国:アメリカ

上映時間:81分

 

あらすじと見所

 

思わず日頃のおこないを考えてしまった映画「フォーン・ブース」5

スチューは自称やり手のパブリシスト。口が達者で嘘を付くことを何とも思わないスチューは、さっそうと街を歩きながら携帯電話で次々に仕事をまとめていく。そんな時、マンハッタン、タイムズスクエアの公衆電話から突然電話が鳴る。誰からか分からないが電話に出たスチューはその瞬間から悲劇が始まる。スチューに恨みがあるという謎の男が電話だけで姿を見せずに復讐を繰り広げるサスペンス映画。

上映時間が81分と短いのですが見応えのあるサスペンス映画です。ハラハラドキドキとスピード感あふれる作品は集中力が切れる間に見終わります。主人公のスチューが電話の会話だけで追いつめられていく展開は見ていて斬新で驚きの連発です。緊張感のある心理戦が好きな方にはおすすめです。

 

日頃の行いを考えさせられる映画

 

思わず日頃のおこないを考えてしまった映画「フォーン・ブース」6

今の時代、いつ、どこで人の恨みを買うかわかりません。インターネットが普及した今は、会ったことのない人からも恨みを買う可能性があります。そんな日頃の行いを考えさせられる映画でした。自分のことばかり考えて生活していると、いつかは周囲をも巻き込む大きな罰がやってきます。「あなたは大丈夫ですか?」と聞いてくれるような作品でした。

 

正直に生きるとは

 

思わず日頃のおこないを考えてしまった映画「フォーン・ブース」7

嘘を付かず、自分に正直に生きることは勇気のいることだと思いました。心が強くなくては出来ないことだと。そう思わせてくれるラストのシーンは涙を誘います。懺悔とも言えるシーンです。真実を告白する姿を見て勇気と強さを感じました。人として大切なことを教えてくれるこの映画は、感謝の気持ちを忘れるなと言っているようにも思えます。

 

Comments ( 0 )

    Leave A Comment

    Your email address will not be published. Required fields are marked *