Blog

俳優になるには?映画スターに憧れて芸能界へ〜俳優、田窪一世にインタビュー

ある日、自分の顔を見て

「自分が俳優になるなんて無理だ」と諦めてしまいます。

映画の中で目をギラギラさせて輝くスターたち。

スターと自分を比べてしまったのです。

俳優は美男美女じゃないといけないのでしょうか?

 

しかし、ある日、中学の先生の一言で俳優になる事を決意します。

まだ中学生ではありましたが将来の進むべき道が決定したのです。

その日から俳優になるための勉強が始まります。

何度もオーデションを受け、俳優の道を諦めなかったお話です。

劇団「座キューピーマジック」主宰、俳優の田窪一世さんにインタビューしました。

 

 

 

俳優に憧れた理由

 

1950年代に第二黄金期を向かえ観客動員数は11億人を超えたそうです。(近年は1.5億人前後と言われていますので、かなり減少しております)

1960年に日本では歴史上最高となる547本の映画が製作され、庶民の娯楽として、映画は一番栄えた時代を向かえたのです。

当時、子供だった田窪さんは実家が映画館だったこともあり、朝から晩まで映画を見ていました。(しかも当時は三本立てが当たり前!)

憧れたスターは

石原裕次郎

小林旭

中村錦之助

大川橋蔵

いわゆる銀幕のスターです。

 

 

俳優を諦めた理由

 

5.1 石原裕次郎 「黒部の太陽」

映画「黒部の太陽」より。右、石原裕次郎

 

田窪「鏡を見て、つくづくスターは無理だな」

 

自我が芽生えた中学生の時、鏡に映る自分の顔を見てスターにはなれないと思います。

努力ではどうにもならないもの。

容姿はその人の立派な才能です。

顔は成長する過程で変わり、体型はトレーニングで理想に近づけることができます。

しかし、それは時間のかかる作業であり保証はありません。

持って生まれたもので勝負してしまうことが早いのです。

 

 

俳優を目指す転機

 

5.1 小林旭「ギターを持った渡り鳥」

映画「ギターを持った渡り鳥」より。小林旭

 

人間はちょっとしたことで自信に繋がります。

特に、やってみたいのだが自分はに自信がなく無理だと諦めていたことは他者の評価は大きな自信に繋がります。

学校の先生の何気ない一言で

「お前、芸能界向いてるんじゃないか?友人のディレクターよりも才能あるかもよ」

この一言がスター以外の可能性を生み出し、芸能界で仕事がしたいことに気づかされるのでした。

将来の不安から救われた瞬間だと思います。

そして高校生の時、劇団民藝の舞台を見て映画スターではなく、舞台俳優の道を目指します。

 

 

俳優になるための勉強方法

 

5.1 萬屋錦之助「鬼平犯科帳」

ドラマ「鬼平犯科帳」より。萬屋錦之助

 

田窪「高校生の時、とにかく戯曲や小説を読み漁った」

 

高校時代は授業そっちのけで俳優になるための勉強をしたそうです。

勉強方法とは?

それは小説、戯曲、映画、舞台をとにかく観ることだそうです。

学校の図書館の本はほとんど読んでしまいました。

 

役者が活字に触れておくことは大切なことで、物語りの理解力が上がったり、セリフ覚えがよくなったりします。

俳優としての基盤ができます。

たくさんの登場人物の心情を理解し、想像することは実際に台本を手にして演じるよりも良い勉強になったりします。

 

 

合格できた理由

 

5.1 大川橋蔵「若さま侍捕物帖鮮血の人魚」

映画「若さま侍捕物帖鮮血の人魚」より。大川橋蔵

 

当時はコネで芸能事務所に入ることが一般的で、今ほど間口が広くありません。

田窪さんは劇団に入ること以外に道がなく、東京でたくさんの劇団の試験を受けたそうです。

落ち続けて学校の卒業が迫った頃に、やっとのことでとある劇団に合格してキャリアをスタートさせます。

 

田窪「もう後がなく、これで落ちたら一年間バイトしながら生活しなけばいけない。それが良かったのか、何とか合格できた」

 

 

インタビューを終えて

 

役者としてのキャリアをスタートさせたことは一つの目標が達成されたことになります。

しかし、この世界はここからが勝負。

自らを商品として、売りとなる個性を磨かなければいけません。

そして魅力を出していく。

大好きだからこそ俳優になれたと話す田窪さん、個性の磨き方は好きなことだけをとことんやることだそうです。

好きなことだけでいいの?

疑問に思いましたが自分が興味を持ったことを追求し、極めることが個性になると話す田窪さん。

これほど合理的な方法はないと思いました。

 

 

YouTubeチャンネル「ForActors

 

7月1日よりYouTubeチャンネル「ForActors」がスタート!役者になりたい人への価値ある情報番組

俳優、声優、モデル、アイドル、お笑い芸人など、現役で芸能活動を続ける「表現者」にインタビューした番組。

芸能人になりたい方やプロの技術を学びたい方のためにYouTubeで提供します。

「貴重な一つの意見」として参考にしてもらいたい。

そして、考えてもらいたい。

生の声から感じとって欲しい。

その表情から感じて欲しい。

そしてForActorsの価値を見出して欲しい。

現役の表現者たちは今、その業界の渦の中にいます。

その「声」はどんな文章よりも説得力があるのではないかと思います。

「どうしたら芸能事務所に入れるか?」

「養成所や学校は必要か?」

「オーディションで気を付けていることは?」

「業界の景気は?」などなど

業界に興味のある方はYouTubeチャンネル「ForActors」へ

ブログ

インタビュー/記事/石川裕太

役者/ナレーター/インタビュアー/語り/絵本の読み聞かせ。役者に何が出来るか?を一番の疑問に活動する。役者が他の芸事を行うとどういった表現が生まれるのか?その価値を見出す。

 

 

 

 

 

ローティーン雑誌「ピチレモン」のモデルになるには〜右手愛美さんにインタビュー

夢があるのに恥ずかしくて言えない。

やってみたいのに自分に自信が持てない。

失敗が怖い。

誰もが一度は経験することです。

 

ローティーンの雑誌モデルを目指す人にはいくつかの試練があります。

当たり前ですが、オーディションに合格できるかどうか?

親の承諾を得ることができるか?

地方在住の場合はどうすればいいのか?

未成年という壁は合格後も様々な場面で立ちはだかります。

 

逆境を乗り越えてピチレモンのモデルグランプリを獲得した

右手愛美さんにインタビューしました。

 

全国のおしゃれ中学生が読んでいる!おしゃれ流行マガジンはこちらです「ピチレモン

 

 

モデルではなくアイドルになりたかった

 

右手「絶対に夢を叶える!」

 

強い意志は五感を刺激し、吸収力をアップさせます。

目標を達成する大きな原動力です。

僕も良いパフォーマンスが出来る時は大体それが大きく影響します。

ここぞと言う時の底力が違います。

自分の気持ちに嘘を付いて合格できるほど

オーディションは甘くありません。

落ちても、何度も何度も真摯に向かっていかなければならない世界です。

嘘は表情を曇らせ、声のトーンを落とし、目の輝きを失わせます。

会話が続かなかったりと

与える印象は最悪です。

 

右手さんはアイドルになる夢を諦めていませんでした。

モデルをきっかけに業界に入ろうと決意したのです。

この方向転換はモデルオーディションの合否を大きく左右したと思います。

 

 

親の反対

 

右手「モデルになりたい!」

 

当時のお話しを聞いていて感じたことは

とにかく強い気持ちを持っていること。

アイドルになりたいのではなかったか?

そんな疑問も一瞬浮かんだが、

すぐに消されてしまうほど、右手さんの表情や声のトーンからは

モデルになりたい意志が伝わりました。

 

右手「親からは反対されました。」

 

メディアの露出は予想もしないことがおこります。

見ず知らずの他人が自分の子供を傷つける可能性があります。

愛知県という遠い地も、反対の原因です。

 

当時、小学生だった右手さんは新幹線に一人で乗り

最終審査の東京へ向いました。

強い意志は親の反対に打ち勝ち、一人で会場へ向かう行動力を生んでいました。

 

 

合格できた理由

 

右手「愛知県から新幹線に乗り、一人で東京の会場に向かいました。」

 

会場では親がみんな付き添っていたそうです。

そのことから分かることは、

やる気がある、度胸がある、自立している、

ということです。

子供とはいえ、お金を生んでもらわなければなりません。

仕事仲間として接するのです。

右手さんの人間性が見えた瞬間だったのかもしれません。

 

そして、試験会場では萎縮しませんでした。

なんと、全国から来たモデル志望者たちと友達になろうと思ったのです。

思い立ったら即行動、

ライバル全員とお話しをして、写真を撮ったそうです。

これは凄いです笑

編集部からの評価は「明るくて、肝が座ってるな」という評価を得ました。

 

 

インタビューを終えて

 

基本ポジティブでした。

そして思いたったら即行動する行動力は最強の武器だと思いました。

やる気が人一倍感じられるところは、

間違いなく人の心を動かします。

右手愛美さんのプロフィールはこちらです「浅井企画

ピヨピヨレボリューション」という劇団も旗揚げしたようです!

クレイジー不完全な大人「最狂」右手愛美…。

とても、面白そうです笑

 

 

YouTubeチャンネル「ForActors

 

7月1日よりYouTubeチャンネル「ForActors」がスタート!役者になりたい人への価値ある情報番組

俳優、声優、モデル、アイドル、お笑い芸人など

現役で芸能活動を続ける「表現者」にインタビューした番組。

芸能人になりたい方やプロの技術を学びたい方のためにYouTubeで提供します。

 

「貴重な一つの意見」として参考にしてもらいたい。

そして、考えてもらいたい。

生の声から感じとって欲しい。

その表情から感じて欲しい。

そしてForActorsの価値を見出して欲しい。

現役の表現者たちは今、その業界の渦の中にいます。

その「声」はどんな文章よりも説得力があるのではないかと思います。

 

「どうしたら芸能事務所に入れるか?」

「養成所や学校は必要か?」

「オーディションで気を付けていることは?」

「業界の景気は?」などなど

業界に興味のある方はYouTubeチャンネル「ForActors」へ

 

 

ブログ

インタビュー/記事/石川裕太

役者/ナレーター/インタビュアー/語り/絵本の読み聞かせ。役者に何が出来るか?を一番の疑問に活動する。役者が他の芸事を行うとどういった表現が生まれるか?その価値を見出す。

地下アイドル、ライター、グラビアの仕事を持つ大学生「姫乃たま」をインタビュー

自ら「地下アイドル」と名乗る「姫乃たま」はどんな人?

 

インタビューをする前、僕はアイドルに対して無知でした。社会現象になっているアイドル戦国時代も興味がなく「地下アイドル」の意味さえ知らなかったのです。

これではいけないと思い姫乃たまさんをネットで検索したところ情報の多さに驚きました。地下アイドル、大学生、ライター、DJ、グラビア、司会、アダルト?など見つかる見つかる…驚いたことはTwitterのフォローとフォロワーが12000を超えていること。ツイートは22000を超えていました。セクシーな写真がアップされたり独特のユニークな文章はどれも面白く引き付けられました。アメーバブログの記事も600を超えおり仕事中心の記事は発信力があります。

姫乃たまTwitter→https://twitter.com/Himeeeno

アメーバブログ→http://ameblo.jp/love-himeno/

はてなブログ→http://himeeeno.hatenablog.com/

過激なグラビアの撮影やエロトークもできる地下アイドル。ファンが楽しんでもらうために自らアイドルライブを企画する姫乃さんは一体どんな人なのでしょうか。お会いするのが楽しみになりました。

 

姫乃たまさんのワークスタイル

 

若さのせいか怖いものなしで地下を走り続けてきた印象です。普通だったらNGを出してしまうと思います。姫乃さん曰く「持ち前の断れない性格」←優しい性格です。頼まれた仕事は断らずに続けてきた結果、様々なジャンルをこなせるようになったそうです。

YouTubeチャンネル「ForActors」ではインタビューの様子をそのまま撮影しています。一発勝負の緊張感がありますが、姫乃さんはこちらの質問の意味や意思をきちんと考えてくださり、頭の中で一瞬で整理して分かりやすく話してくださいました。読書が好きなためかライターの仕事をしているためか分かりませんが言葉で伝える技術は凄かったです←本当に助かりました!ありがとうございました!

自分勝手な考え方がなく相手のためにサービスをする優しさを持っている姫乃さんはオファーが絶えません。フリーランスでアイドル活動をする過程で得たと思われる社会経験は特別なものです。他の大学生にはないものだと感じました。一社から定期的に仕事がくる理由ではないかと思います。

 

YouTubeチャンネル「ForActors」

 

ForActorsは姫乃たまさんの「労働」に対して色々な角度から見つめます。そして解体していきます。

地下アイドルでありながらどうしてライターの仕事ができるのか?

自主企画する理由は何なのか?

フリーランスで活動するとはどういうことなのか?

僕は今回のインタビューでとても勉強になりました。役者の勉強になったのです。表現者としての考え方やSNSを使った活動、自主企画の必要性は役者にとっても大切です。役者のみならず歌手やダンサーや会社員の方々にも見ていただきたい内容となっております。

 

 

 

 

 

その他の放送はこちらで見ることができます。

ジャンルを問わない仕事ができる秘訣とは「俳優、鳴海剛」をインタビューしてみて感じたこと

俳優以外にもたくさんのジャンルでお仕事をされている鳴海剛さん。

「俳優、モデル」「俳優、映画監督」「俳優、歌手」など、俳優以外の肩書きを持った方はたくさんいます。身近にもおりますので、おそらく多いのだと思います。

しかし、俳優にプラスして「会社経営、映画プロデューサー、リングアナウンサー、司会、歌手、モデル」と肩書きがある俳優はそう多くないと思います。そして結果を出し続けています。

 

 

チャレンジ精神とサービス精神

 

「なぜ、こんなに沢山のジャンルの仕事が出来るのだろうか?」インタビューをする前に感じたことです。

多才である役者は演じるうえで大きな武器となる。そう思っていた僕は鳴海剛さんに惹かれました。

体験して感じたことは経験値となり、役作りに役立てることが出来ます。体験したことがあると無いでは演じた時の説得力が違うのです。

しかし「じゃあ、映画プロデューサーをやってみよう!」「歌手になろう!」と思っても簡単にはなれません。そもそも、どうしたらプロデューサーになれるのか?何をすれば良いのか?途方にくれます。そして険しい道だということを知るのです。

鳴海剛さんにインタビューをしていて分かったことは、険しい道だと分かっていても頼まれたら挑戦するチャレンジ精神が旺盛なところです。そして、頼まれたからには期待に答えたいというサービス精神があるからこそ、今の仕事量があるのだと思いました。

そのチャレンジ精神とサービス精神はどこで培ってきたのか。インタビューで話して頂きました。

 

 

役者で得たスキルを他の仕事で使う

 

役者は他人にならなければいけない特殊な職業です。人前でに出て自分の体と声を使って表現しなければならないスキルはなかな身に付かない特別なものです。

鳴海剛さんはそんなスキルを活かした仕事をしています。

どのように活用しているのでしょうか?

 

 

YouTubeチャンネル「ForActors」

 

YouTubeチャンネル「ForActors」では各テーマに分けて動画形式でインタビューしております。

「会社経営」「リングアナウンサー」「司会者」など、各ジャンルを5分程度にまとめて平日毎日19時にアップしています。

仕事を始めた経緯から役者で得たスキルの活用法など貴重なお話しを聞くことができます。

 


ForActors vol.53 テーマ「司会」

 


ForActors vol.54 テーマ「会社経営」

俳優、鳴海剛さんをインタビューして得た、役者として活動する方法とは「ForActors」

以下、ゴーイングホームページより鳴海剛さんの代表作です(ドラマ、映画のみ)

[TV]
ショッピング専門チャンネルQVC 商品アドバイザー レギュラー
カンゴロンゴ (カンゴロー役レギュラー) [NHK]
相棒PART2 (検事役) [ANB]
相棒PART3 (SP役) [ANB]
相棒5 元旦SP (補足隊隊長) [ANB]
仮面ライダーカブト (天童の父役) [ANB]
駅弁刑事 (北村健作役)
さくら署の女たち (6話・長谷部真彦役) [ANB]
[映画]
獅子の血脈 望月六郎監督
力道山 韓国映画 ソン・ヘソン監督
嫌われ松子の一生 中島哲也監督
容疑者室井慎次 君塚良一監督
楳図かずおの恐怖劇場 プレゼント (優子の父役) 山口雄大監督
それでもボクはやってない 周防正行監督

芸歴28年のベテラン俳優です。

 

 

俳優、鳴海剛

 

俳優、鳴海剛さんをインタビューして得た、役者として活動する方法とは「ForActors」

鳴海剛さんとは2年ほど前に、映画関係者の交流会でお会いしました。爽やかで優しい、そして強くてアツい人。鳴海剛さんに初めてお会いした時の印象です。

今回インタビューをさせていただき、常に感じたことは「プロとしての意識の高さ」です。直接言葉にしておりませんが、強烈ににじみ出ていました。この世界で生きてきた自信を感じます。

役者として活動する勇気をいただいたインタビューとなりました。

 

 

モデル出身から役者の道へ、レッスンを受けてこなかった演技

 

「人に見てもらいたい、認めてもらいたい気持ちが無いとこの世界ではやっていけないと思う」

この声こそが俳優、鳴海剛さんの精神なのだなと思いました。

演技経験がない状態でドラマの本番は怖くなかったのか?

OAで自分の演じている姿を見て「恥ずかしくてどうにもならなかった。演技のえの字もないな」と感じたそうです。これでは納得がいかない。人に認められたい気持ちが強く外に出た瞬間だと思いました。

どこかで聞いた言葉「楽しいから続けるのではなく、できる、褒めてもらえるから続けるのだ」という言葉を思い出した。

その後の鳴海さんは数々の現場で活躍し、今にいたるのだと思います。

生まれて始めての演技で無我夢中に演じたものは、納得がいきませんでした。それは褒めてもらいたい欲求に変わり、その欲求こそが演技技術を磨いていったのだと思います。

オファーをもらえる演技技術とプロの俳優としての意識の高さが次の仕事に繋がっているのだと思いました。信頼を得ているのだと思います。

 

 

バブルの影響を受けてスタートする、バブルが崩壊してからの転機

 

バブル崩壊は大きく仕事に影響したそうです。

今までのように仕事を得ることが出来ず生活が変わったそうです。

それでも負けずに努力します。

「努力をしていれば必ず見てくれる人がいる」

この考え方こそが人との繋がりををさらに増やす原動力になっているのだと思いました。そしてつながりを太くすることによって、俳優、鳴海剛という名前だけで食べていけるプロになる。

同時に結果が出ないと自分で自分の名前に泥を塗ることになります。

このプレッシャーと戦いながら技術を磨いていきました。

 

 

ForActosでは鳴海剛さんの貴重なお話しをインタビュー形式で放送しています

 

毎回テーマが変わるので、テーマに合った鳴海剛さんの考え方や経験談が聞くことができます。

「役作り」「映画」「役者業の将来」などなど、平日毎日アップされます。

ForActors Vol.45「役者のスタート」

 

 

ForActors Vol.46「子供時代」

 

インタビュー通じて役者としての勉強にもなりました。

長い長いインタビューにお答えいただき、本当にありがとうございました。