Blog

セリフは「かっこいいもの」と勘違いしていた頃を告白

初めてのセリフで注意されたことを書きたいと思います。たくさん教えていただいた中から、特に僕の直すべきポイントとなった4つを書きます。

  1. 相手にきちんと伝えること
  2. 声のボリューム
  3. 声のトーン
  4. 相手役とのやり取りの中で「言われている気がするか?」

本番までの3ヶ月間、僕はこの4つを意識し稽古してきました。今回は1つ目の相手にきちんと伝えることを書きます。

 

相手役に伝えることの難しさ

 

セリフは「かっこいいもの」と勘違いしていた頃を告白する2

どうしても、お客さんを意識した芝居になってしまいます。自分を「かっこ良く見せたい!」「目立ちたい!」「上手に見せたい!」などの邪念が入りセリフが相手に向かいません。自分ではそんな気はないのですが。。。不思議なものです。僕自身がどう見えているのかも役者は知っておかなければならなかったのです。なので注意された点は、まずは役が伝えたいことを僕自身がしっかりと理解してあげることでした。役の気持ちを理解してあげて、代わりに僕が伝えてあげる。という考え方を教わりました。

とにかくリアルであることを前提に作品を作っていく演出はとても魅力的で楽しいものでした。お客さんを「とあるアパートの一室を覗き見している感覚にさせたい」という演出は見ている側をドキドキさせます。普段の生活で覗き見したらドキドキしますよね(笑)演じる側はナチュラルを要求され、お互いの関係性をリアリティーのあるものにしていきます。とは言え、普段の生活の中でやっていることをすれば良いのです。しかし日常では自然に出来ていることが、芝居になると出来ないことに気付きました。

 

まずは聞いて感じること

 

sheet music and earbud headphones

日常では自然と相手に集中しています。しかし、芝居だとそれが難しいことに気付きました。もちろん人によって違うと思いますが僕の場合は自分の方に意識がいってしまいました。五感を使って相手を感じようとするのですが、気付いたら自分の方に意識がいってしまうのです。日常に置き換えた良い例えが出てきませんが、これも役者ならではの不思議な体験だと思います。特に出来ないことは相手の言葉を聞くことでした。聞いても、何も思わないし感じないのです。感情も生まれない。ちゃんと聞こうと思えば思うほど聞けないことに衝撃をうけました。セリフを言うには、まずは聞いて感じることが大切だと思いました。

 

修正するために努力したこと

 

セリフは「かっこいいもの」と勘違いしていた頃を告白する3

このような症状に落ち入った時にアドバイスをいただきました。発想を転換するアドバイスです。

  • お客さんを気にしないこと。演じる空間には自分と相手役しかいないと思い込みます。そのための戦略として声のトーンを低くし、ボリュームも落とします。そうやって会話していくことで少しずつ相手役とプライベートな空間が生まれたように感じ、結果的に集中出来ました。満足のいく結果には程遠いですが、稽古場で実験できることがとても楽しかったです。
  • 相手役と一緒に遊ぶ発想を持つこと。舞台で決められた動きを一度なくして、役から外れても構わないので、相手の気持ちを誘導させてあげるように演じます。お互いがお互いを意識し合って誘導しようとするので自然と集中していました。エチュード(セリフやその他の設定もない即興劇)に近い状態です。
  • チームプレーをすること。当たり前のことですが、演技にもリズムがあり、セリフをテンポよく続けていくことで今までにない不思議な感覚を味わいました。リズムを崩してはいけないゲームのような感覚です。とても演技をしているようには思えませんでした。しかし、自分のことを一生懸命考えて演じるよりも、リズムよくセリフを言っている方がかえってお話が伝わりやすくなります。舞台は生きた、生なものを感じました。

以上のことで全て解決。とはいきませんが人間の生理や体の仕組みを少し知ることが出来ました。普段の生活で自然と感情が生まれ、意志が生まれ、行動していく人間が面白いと思い始めました。

演じるとはどういうことか、初めての演技で感じたこと

生まれて初めて演技をした感覚は今でも覚えています。不思議な感覚でしたが新鮮で楽しかったです。これが演じる事なのかと思いました。今回は演じていると実感した瞬間を3つ書きたいと思います。(初めての演技ということで台本の読み込みがあまく、役が作れていないことを前提とします)

 

台詞を言うとき

 

初セリフで発見した自分の体と役の心

以前にも記事にしましたが台詞が棒読みになったことです。ここでは詳しく書きませんが、確かに自分と役との違いを感じました。この違いが演じることなのだと思います。

 

相手の台詞を聞いたとき

 

演じるとはどういうことか、初めての演技で感じたこと2

相手の台詞を聞いたときに、何も思わず何も感じなかったことを覚えています。普段の日常の会話では有り得ないことですが、芝居だと有り得ます。聞いているときは何をしたら良いのかと思いました。台詞を言うだけが演じることだと思っていた僕は、聞く事に対しては何も考えていなかったのです。不安な気持ちで一杯になりました。相手の言葉を聞いて役はどう思うのか。役のことを知らなすぎると思いました。演じる上でとても大切な事です。

 

恥ずかしいと思ったとき

 

演じるとはどういうことか、初めての演技で感じたこと3

僕の役はテンションの高い役でした。喜怒哀楽がはっきりしていて感情的になるシーンが多くあります。人前で感情を出すことは想像以上に恥ずかしく抵抗を感じました。しかし、面白いと思ったことは一生懸命演じながらも、頭のどこかで「この役はここで怒るのか」「この役はここで笑うのか」など客観的に自分とは違う人間を感じたことです。自分の中にもう一人の人間がいるような気がしました。

初めてのセリフで棒読み?…演技下手!?と思った理由と改善策

生まれて初めて芝居をした時のことです。相手役に向かってセリフを言った時に違和感を感じました。自分の口から出た言葉ではない気がしたのです。その気のない、気持ちの入っていない感じです。その後に続くセリフも全て違和感を感じました。これが棒読みなのか?と思いました。当時はわからなかった原因と改善策について書きます。

 

Wikipediaより

棒読みとは
演劇などの台詞を感情や抑揚を意識せずに台本の文字に従って発すること

 

なぜ棒読みになったか

 

初めてのセリフで棒読み?…演技下手!?と思った理由と改善策2

人それぞれ棒読みになる原因は違うと思いますが、僕の原因を掘りさげてみます。

  • 役がどうしてその台詞を言うか理解していなかった(役がその台詞を言いたくなる理由)
  • それにともなって出来る心の流れを理解していなかった(自分の役がどう思ったか、どうしたいか)
  • 間を取らずに一定のリズムで台詞を言っていた
  • 声のボリュームが一定だった
  • 声のトーンが一定だった
  • 自分自身が感情を解放するのに抵抗があった

棒読みになった原因は大きく分けて二つあります。一つ目は緊張していたために自分の声を使った表現がまったくできなかったことです。二つ目の原因は役を理解したうえで芝居をしていなかったことです。

 

棒読みを直す方法

 

初めてのセリフで棒読み?…演技下手!?と思った理由と改善策3

舞台稽古やレッスンでたくさん教えていただきました。

  • 相手役をうなずかせる芝居をする(台詞を言う)
  • 句読点で十分な間をとる
  • 台詞の語尾を自分の言いやすい言い方に変える(練習の段階で)
  • 台本にとらわれず、何も考えないでしゃべる
  • なるべくトーンを落とさない
  • 録画、録音で芝居の確認をする
  • 上手な人と芝居をする
  • 表情を作ってから台詞を言う(感情がなくても表情を作って言う)

「なぜ棒読みになったか」で書いた、役を理解してあげることも棒読みを直す方法の一つです。理解するとは自分の心に納得させることです。台詞の一つ一つを自分の心に納得させていきます。なぜ、役はその台詞を言うのか考えていきます。そして、大体でもいいので役の気持ちを分かってあげることが大切だと思います。

 

棒読みになっても面白いと思った理由

 

初めてのセリフで棒読み?…演技下手!?と思った理由と改善策

棒読みになって、はじめて役と自分の違いを知りました。気持ちの入っていない台詞になってしまったのは、僕の言いたいことではなかったからです。役の言いたいことでした。これが僕の演じる役なのかと気付きました。

人間の生理はとても面白いなと思います。思ってもいないことを言うには嘘を付かなければいけません。嘘を付き続けることは、まさに芝居だと思いました。役者は嘘をついても許され、上手に騙すことができれば感動に繋がる魅力的な職業だと思いました。

 

色々なセリフの覚え方と自分に合ったセリフの覚え方

初めての台詞覚えはとても苦労しました。もちろん今でも苦労します。自分の長所と短所を理解してあげて、自分に合った台詞の覚え方を見つけてあげることが僕は大切だと思います。一日の時間の全てを台詞覚えに使うことができない僕は限られた時間の中で効率よく覚えていかなければなりません。

 

セリフ量

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参考までに、初めていただいた役のセリフ量を調べてみました。全部で8シーンある台本で、僕の登場するシーンは3つです。1シーンあたり平均30個のセリフでした。(長いセリフ、短いセリフも1つとしました)時間で言うと1シーン5〜7分ぐらいの登場だと思います。台本上の台詞の数だけを見ると多く感じました。登場する時間だけみると短く感じます。僕はこの量を覚えるのに三ヶ月間もかかりました。

 

色々な覚え方

 

最近は脳の仕組みも少しずつ解明されており、記憶するのに良い時間帯や環境があることがわかっています。2

今までに僕が教わったり聞いたりした覚え方です。

  1. 自分の台詞を全て録音して聞いて覚える
  2. 相手の台詞を全て録音して聞きながら自分の台詞を言う
  3. 台詞を声に出して覚える(歩きながらの方が脳が記憶しやすいそうです)
  4. 台詞を声に出して覚える(色々な感情を付けて言う。泣きながら言う台詞でもわざと笑いながら言う)
  5. 台詞を声に出さずに読む(何度も読み、映画やドラマのように映像として覚える)
  6. 台詞を文字として覚える(ページ数と行数も覚える)
  7. 相手の台詞を紙に書き壁中に貼付ける(目に入った瞬間に自分の台詞が瞬時に言えるようにする)

最近は脳の仕組みも少しずつ解明されており、記憶するのに良い時間帯や環境があることがわかっています。聞いた話しですが、寝る1時間前に暗記して、6時間の睡眠を取るそうです。人間は6時間寝るとその日に起きた出来事を全て整理できるようです。そして目が覚めて、体も完全に起きた状態から1時間は暗記するのに適した時間だそうです。睡眠時間を削って覚える方法は実は良くないと聞きました。これからは人間の脳の仕組みも、台詞覚えのために勉強していきたいです。

台本に書かれていた上手と下手とは?暗転と明転とは?

演劇で使われる専門用語はたくさんあります。その中でも台本に使われていた専門用語について書きたいと思います。台本は台詞とト書きで出来ています。なので専門用語は必然的にト書きに書かれています。ト書きには、そのシーンの舞台装置や登場人物がどのようにしたら良いかが書いてあり、とても大切な部分です。

 

上手と下手

 

台本に書かれていた上手と下手とは?暗転と明転とは?

上手(かみて)と下手(しもて)は芝居中「かみ」「しも」と略して言うこともあります。上手は舞台の左側(客席からみた場合の右側)、下手は舞台の右側(客席からみた場合の左側)です。慣れるまでは非常に紛らわしいのですが、この呼び方を使わないと余計にややこしいことがおこります。

 

使い方

 

役者は舞台に上がり客席に向かって芝居します。一方、演出家は客席から舞台上の役者達を演出していきます。なので、この状態からでは役者にとっての左右と演出家にとっての左右が違ってきます。素早く正確に伝えるために上手、下手という呼び方をします。

 

上手と下手の語源

 

定かではないようですが、歌舞伎では身分の高い役を舞台向かって右側。身分の低い役は舞台向かって左側となっているようです。それがお芝居の約束事となり上手、下手という言葉が出来たそうです。つまり上座と下座の日本文化から生まれたそうです。落語の世界でも、噺家は身分が違う人同士の会話をする時は、身分の低い人を演じてる時は上手を見て話します逆に身分の高い人を演じている時は下手を見て話をするそうです。

 

人間の心理を利用した上手と下手

 

皆さんは人の横顔を書くとき、右向きの横顔を書きますか?それとも左向きの横顔を書きますか?実はほとんどの人が左向きの横顔を書くそうです。心理的に左向きの横顔の方が、見ている人を安心にさせ安定感を与えるようです。そんな心理を利用して、身分の高い役は上手にいることを基本としているそうです。

 

暗転と明転

 

台本に書かれていた上手と下手とは?暗転と明転とは?2

暗転(あんてん)とは舞台を真っ暗にして,幕を下ろさずに場面を変えることです。明転(めいてん)とは明るい状態で場面を変えることを言います。場面を変えることを場面転換(ばめんてんかん)と言い、舞台のセットを変える時を舞台転換と言います。両方を略して転換と言います。暗転中はトラブルが多く時間がかかることもあるので転換稽古という転換の為だけの稽古をします。

 

台本とは?脚本、戯曲、シナリオの違い

初めて台本を手にした時はとても嬉しかったです。一気に演劇の世界に仲間入りした感じがして感動しました。しかし、台本の知識が全くなく、専門用語も使われているため理解が出来ませんでした。そもそも、台本と脚本の違いは?戯曲とは?シナリオとは?そんな疑問に思ったことを書きたいと思います。

 

それぞれの違い

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 台本とは、上演を目的とされた本です。基本的に台詞(セリフ)とト書きから出来ています。(ト書きとは台詞以外に書かれた部分です。様々な状況や心理などが書かれています。「ト書き」の由来は歌舞伎の台本の「〜と立ち上がりながら」等の「と」から来ているそうです)
  • 脚本とは、上演を目的とされた本です。基本的に台詞(セリフ)とト書きから出来ています。脚本を書く人達は主に脚本家と呼ばれています。最終的には評価を受け、映画や舞台などでは脚本賞があります。
  • 戯曲とは、上演を目的とされた本であり、その形式で書かれた文学作品です。基本的に台詞(セリフ)とト書きから出来ています。戯曲を書く人達は主に小説家と呼ばれています。
  • シナリオとは、映画やドラマの為の台本で、細かくシーン分けしてあります。同じく台詞とト書きから出来ていますが、カメラで撮ることを前提に作られています。

台本と脚本の違いは説明しにくいのですが、普段使用する言葉としては

「台本を役者に渡す」「台本をマネージャーからもらう」と使い

「脚本を役者に渡す」「脚本をマネージャーからもらう」とはあまり使いません。

また

「脚本が面白い」「脚本がいい」と使い

「台本が面白い」「台本がいい」とはあまり使いません。

はっきりとしたお答えが出来ず申し訳ありません。

使う状況や使う人によって異なりますが、必ずそう言わなければいけない決まりも無いようです。

 

台本の特徴

 

台本とは?脚本、戯曲、シナリオの違い3

登場人物の台詞だけ書かれている台本には、小説のような登場人物の細かい心情や物語を美しく見せる表現がありません。なので読む人によって感じ方が大きく変わってきます。台本は作り手によって様々な変身が可能です。まだ調理のされていない素材のように感じます。台本を使ってスタッフやキャストが知恵を絞り、力を合わせて作品を作り上げます。何度も読まないとイメージが具体的にならなかったり、人と話し合うことで初めて理解出来る事があるのも台本の特徴です。ある意味、一人で読んでもわからないことだらけです。なので、独自の役作りが出来たり読み方の工夫が出来る面白さがあります。想像する面白さです。小説とは違い、数人で書かれることもあります。

 

台本のページ数と時間

 

台本とは?脚本、戯曲、シナリオの違い2

映像の台本も舞台の台本も、だいたい1ページが1分(作品の時間)と言われています。なので120ページの台本ならば120分の作品です。僕は舞台しか分かりませんが、シリアスな作品でもテンポの良いコメディでもページ数が作品の上演時間の基準になります。

 

 

 

不安だった初めての演劇稽古と稽古場

稽古場では三ヶ月後の舞台本番に向けて稽古していました。すでに作品も配役も決まってます。僕は芝居未経験で途中参加だったにもかかわらず、幸運にも役をいただくことになりました。そんなことからキャリアがスタートしましたが本番までの間、たくさんの迷惑をかけ、先輩方の力を借り、なんとか本番まで続けることができました。今回は舞台稽古の初日のことを書きたいと思います。

 

想像していた舞台稽古

 

不安だった初めての演劇稽古と稽古場

舞台稽古はどこも厳しいものだと思っていました。厳しいにも色々ありますが、僕の想像していた厳しさはミスをしたら演出家から灰皿を投げられたり、竹刀で叩かれたりという厳しさです。どんどん追いつめられて、その中で成長していく。そんな怖いイメージを持っていました。あとは体を鍛えるためにジャージやスウェットを着て筋力トレーニングをする。そして汗をかきながらながら滑舌の練習をする。のどをからしながら発声練習をする。台本を持ってエネルギッシュに演じる。そして台詞を間違えたら怒られる。上下関係が激しく体育会系。それでも家族のような関係。

 

舞台稽古をやってみて

 

不安だった初めての演劇稽古と稽古場4

想像していた稽古とは大きく異なりました。筋力トレーニングも発声練習も滑舌の練習もやりませんでした。服装も私服です。怖いことは一つもなく、むしろ稽古は毎回楽しかったです。どちらかというと体育会系ではなく文化系だと教わりました。常に頭を使う芝居が求められます。そして細かい分析をしていきます。日常の人間の分析も必要でしたし、自分自身を知っておく必要もありました。芝居で必要な声のボリュームは日常と同じで、無理に感情的にならない芝居は見ていて釘付けになりました。静まり返った稽古場で、先輩方の芝居を見ているだけで楽しかったです。舞台上に立つ役者が相手役に集中するエネルギーは凄く、目が合っただけで何かが始まっていると感じさせるものは見ていてドキドキしました。武道の真剣勝負に似ていると思いました。終えた後の芝居の分析も的確で全く着いて行けませんでした。たった数秒の芝居でも細かく分析する力は、日頃人間を客観的に見ていないと出来ないと思いました。役のイメージもしっかりしていないと出来ないと思いました。見ることだけでも神経を使い、もの凄く疲れたことを覚えています。

 

初日の感想

 

不安だった初めての演劇稽古と稽古場5

初日は右も左もわからず収穫と言えるものがありませんでした。ただ、見られることに対しての緊張は想像以上にありました。僕は仕事上、人前に出る機会が多かったので大丈夫だと思っていましたが比べ物にならないぐらい緊張しました。こんなことで本当にやっていけるのかと初日で不安になりました。足は震えますし、手の指先には心臓の鼓動を感じたぐらいです。強いて言うなら、収穫は芝居は緊張するものだということです。

 

役者になるにはどこのオーディションを受ければ良いか

前回の記事で書きました、芝居を学ぶ環境について詳しく書きたいと思います。当時は最低限の技術を早く身に付けて色々な現場で芝居がしたいと思っていました。その為にはどうしたら良いか?悩んでいたことや考えていたこと、わからなかったことを中心に書きたいと思います。

 

 

どこのオーディションを受ければいいか?

 

役者になるにはどこのオーディションを受ければ良いか

早く芝居が上手になりたいと思い色々なオーディションを調べました。初心者に優しい基礎を中心に学べる場所です。たくさんの中から調べた結果、僕が芝居を学びたいなと思った環境は大きく分けて5つありました。

  1. プロダクションに所属してレッスンを受ける
  2. 劇団の養成所に入る
  3. 学校に通う
  4. 出演(舞台、映像)につながるワークショップを受ける
  5. 市民参加型ミュージカルを受ける

そこで、当然ながら問題となったことがあります。

  • レッスンの回数
  • レッスンの時間
  • 通うための距離や時間
  • 費用(所属に際しての登録費や入団費、月々のレッスン費など)

費用に関しては問い合わせてみないとわからない所もありますが、ほとんどが高額だなと思いました。僕は単純にレッスンの回数が多いほうが上達が早いのではないかと思いました。なるべくレッスン回数が多く長い時間学べる場所を選ぼうと決めました。しかし、休まずレッスンに通い、集中力を維持することは大変なことです。働ける時間も限られてくるので金銭面にも問題が出てきます。悩むところですがレッスンのカリキュラムも考えなければいけない大切なものの一つです。芝居の技術とは少し違いますが『オーディション対策』が学べる場所も魅力の一つに入れてました。

 

 

早く芝居が上手になりたい

 

パソコンと睨めっこしながらも、早く芝居をはじめなければいけないと焦っていました。演技経験のない僕はたくさんの不安がありました。そもそも人前に出ることが苦手な僕は役者に向いていないんじゃないか?演じることに興味があるだけで始めて良い世界なのか?この業界の仕組みや仕事としてやっていくにはどうしたら良いのか?調べれば調べるだけ、僕は役者になれるのかと不安になりました。そんな中で見つけた所が前回の記事で紹介したで劇団です。そこでは演技の基本だと思っていた滑舌や発声、体を使った表現の為の筋力トレーニング、柔軟体操は一切やらない稽古場でした。しかし、演技観やリアルに対する考え方はとても深いものがあり今の僕の基礎となっています。何よりも演技を『楽しむ』ことの大切さを教えてもらいました。1回4時間の稽古を週3回で、年2回の舞台を踏めたことはとても勉強になりました。芝居をはじめて、わずか3ヶ月で初舞台を経験できたことも恵まれていると思いました。

 

 

結果

 

稽古費用や通う距離の負担もなく、粘り強く調べて良かったと思っています。右も左もわからない世界に一人で飛び込み、迷子になった感じもしましたが『楽しむ』ことが最優先であることを教わったことで今までやってこれました。これから色々なことに挑戦していけるよう頑張ります。

俳優とは?役者とは?知らない世界を検索した日々

芝居をやってみたいと思ったところで、どうしたらいいか全くわかりませんでした。どうしたら俳優になれるのか?そもそも、狭き門と聞く俳優の仕事にはなにがあるのか?俳優と役者の違いは何か?わからないことを少しでも解消するために調べました。

 

 

やりたい気持ちはあるがスタートが切れない

 

どうやって始めれば・・・

知り合いの紹介で入る選択肢が無かった僕は、片っ端から事務所、劇団、養成所、ワークショップをネットで調べました。

プロダクション一覧 – 日本タレント名鑑

日本の劇団一覧 – Dictionary, Sensagent

想像以上に芸能事務所が多いことと、それ以上に俳優さんが多いことに衝撃を受けました。この中でやっていくことの不安が調べれば調べるほど出て来て、始める前から諦めそうになりました。しかし、それと同時に厳しい世界ですが魅力を感じたのも確かです。一通り調べると好きな俳優さんや事務所のカラー、個性的な劇団があり選択肢が増えました。

 

 

イメージをつくる大切さ

 

やりたいと思うからには誰もが演じているイメージを持っているはずです。僕は調べながらイメージを膨らませました。まずは映像ではなく舞台を経験したいと思いました。正直に言ってしまうと舞台は見たこともなかったのですが(笑)理由は単純に『演技の基本は舞台』とどこかで聞いたからです。そして最終的には映像演技もやりたい。リアルな演技を学びたい。おそらく歌と踊りは苦手だと思う。などなどイメージが膨らんでいったことを覚えています。

 

 

選ぶ理由を見つける

 

僕が選んだ場所は劇団の研究生のような若手育成に力を入れた所でした。(現在は行っておりません)当初とは違った形で活動しておりますが、僕の大好きな作品を上演し続けている歴史ある劇団です。演技に対する考え方、演技観に惹かれ始めることにしました。自分のやりたいことが出来る環境が見つかった瞬間でとても嬉しかったです。